製薬

加速する
デジタルヘルス

世界的に高齢化が進む事で、あらゆる慢性疾患が増加しています、一方で医療費削減への圧力は強まる中で製薬会社は薬をつくるだけではなく、新しい事業モデルが必要となっています。

例えば、臨床試験(治験)の効率化や、現行の治験のコストが高く非効率であること、紙ベースの治験からの脱却など、デジタルソリューションを導入することで効率は高まります。

グラフができること

医療全体×IT

スマートフォンやタブレットを使って服薬管理アプリやスマートピル。行動変容に関しては、ゲーミフィケーションを取り入れたアプリやコーチングによる支援。リアルタイムモニタリングでは、時計型やリストバンド型のウエアラブル端末やセンサー、パッチなど。デジタルセラピーには、アプリやVRなどを活用できます。

モニタリングによる
正確な診断

患者の映像から運動機能障害を定量的に評価し、患者の障害とその経時的変化を精度よくモニタリングする。画像解析や機械学習のアルゴリズムを使って自動解析する。評価の精度は機械学習によってデータがたまるほど改善し、どの部分の動きが運動機能障害の評価に重要であるかなどがわかります。

TOPICS

  • News

    News

    2017.12.28

    冬季休業のお知らせ:2017年12月29日~2018年1月3日まで冬季休業をいただきます。