物流

ITによって大きく変化する
物流の世界

物流業界では、インターネットなどのネットワーク網が世界的にはりめぐらされるようになったことから、国内の製品に対する海外のニーズを満たすこともますます容易になってきました。

東京オリンピックが開催されることにより、消費需要の拡大等による荷動きの活発化や、老朽した交通インフラの再整備や自動運転技術の進歩など、物流へのプラス影響が予想できます。

グラフができること

物流センターのAI化

荷主の物量分析・景況感・天候・工数の過去実績などのデータをAIに学習させることで、最終的に物流センターに必要な人員数を割り出します。これまでの人員配置は人間の勘が頼りで、それが外れると物流のオーバーフロー、あるいは不要人員が生まれてしまうなど、人件費が有効に使われているとは言えませんでした。それを膨大なデータから学習したAIが経験則から導き出す回答により最適化しようというもので、これにより人件費の削減や最適化が可能です。

AIをつかった
正確な物流予測

物流センターから出入りする物量が予測できるのであれば、物流センター間を往来する運送車両の積載率や到着予想時間などもAIにより予測できるものとなります。例えば提携している業者間で積載率や到着時間に余裕のある車両があれば、それを呼び寄せて小口荷物を積載することもできます。そうすることで物流業者の負担軽減と、消費者の満足感向上を両立することが可能です。

TOPICS

  • News

    News

    2017.12.28

    冬季休業のお知らせ:2017年12月29日~2018年1月3日まで冬季休業をいただきます。