TOPICS

【社員インタビュー】化学研究からデータサイエンスの道へ|張堯華

データサイエンティストがアメリカの経済誌で「21世紀でもっともセクシーな仕事」と紹介されたのは2012年のこと。

2020年を迎える現在、日本でも「データサイエンティスト」という言葉が聞かれるようになっても、なかなかその仕事内容まではイメージしにくいものがあります。

そこでグラフでは、ビジネスの第一線でデータサイエンスプロジェクトに携わるメンバーのインタビューを実施することに。第3弾では、データサイエンティストとして新卒でグラフに入社した張さんに話を聞きました。

0528張さんインタビュー.jpg

PROFILE

張 堯華(ちょう ようか)
開発部 データサイエンティスト
大学にて光化学を専攻。博士課程修了後、2019年12月グラフ新卒入社。

グラフに入社するまで

──入社前の博士課程ではどんなことをやっていましたか。

学生時代は化学を専攻していました。専門は光化学で、光を使って化学反応を見る研究をしていました。実験により得られたデータを可視化し解析することが楽しかったので、卒業後はデータを扱う仕事がしたいと思い、データサイエンス業界を志しました。

──グラフに入社を決めた理由は?

グラフの受託事業はクライアントの業種が幅広く、様々な業種におけるビジネス課題を理解することができそうだと思いました。課題をデータでどう解決するか、多種多様な現場に携わることで、そのスキルを身に付けたいと思っています。

──現在の仕事内容を教えてください。

大手自動車メーカーのプロジェクトに携わっています。現場の経験豊富な技術者が持っているノウハウをデータベースに蓄積するため、その方法を構築したり、実装し品質管理を行ったりしています。より良いソリューションを提供するために、どんなに小さなことでも気がついた事はメンバーと共有、議論し、アウトプットするようにしています。

──入社後の感想を教えてください。

まだまだ自分の能力不足を痛感することもありますが、1ヶ月ほどで業務やチームに馴染むことはできたと感じています。分析技術の経験が浅く、自分自身で解決方法を発案できないときなどは「悔しい」と思うことも多くありますが、日々成長を感じることができるので、毎日が楽しいです。

クライアントの要望を深く理解することの重要さ

──入社して成長できたと感じられる点は?

クライアントが何を求めているのかを先回りして用意するなど、相手の立場になって物事を考えられるようになったと思います。日々クライアントやチームメンバーと接するなかで、常に自分の目線を相手の立場に置き換えて、頭の中でシミュレーションし、様々な解を用意するよう心がけています。


──大変だと感じることを教えてください。

クライアントの要望を深く理解すること。きちんとヒアリングしているつもりでも、後から新しい課題が見つかって、改めて解決策を練り直さなければならないということがありました。仕事を進めるうえでは、目的や課題に齟齬が発生しないように、徹底的に「相手の考え方とそこに至る背景」を理解する必要があると学びました。


──仕事のやりがいや面白さについて教えてください。

常に新しい技術が生み出されている業界なので、日々勉強できることにやりがいを感じます。今は画像処理の機械学習に没頭しており、GAN(*)などの技術を勉強しています。

“(*)GAN……ディープラーニングの技術。生成モデルの一種で、データから特徴を学習することで、実在しないデータを生成したり、存在するデータの特徴に沿って変換できる。(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63615)”

──仕事で大切にしている事はなんですか?

笑顔です。暗くなっても物事は何も進まないので、どんなに辛いことがあっても仕事中は笑顔を意識しています。

データサイエンティストとして向上心を持ち続けたい

──今後挑戦したいことは?

Kaggleなどの機械学習コンペティションで上位5%に入ること。
Kaggleではデータ分析の様々なテクニックが各コンペティションで議論されており、見るだけでも最新の分析トレンドなどを知ることができます。Kaggleの上位にランクインできるということは、データサイエンティストとして最前線にいることだと思うので、これを目標にしています。

──どんな人と一緒に働きたいですか?

仕事で大事なのは仲間とのコミュニケーションだと思っています。コミュニケーションを取るためにも、常に自分の意見を持つことのできる人と一緒に働きたいです。一貫して言えるのは、技術の改善についても人間関係の構築についても前向きで向上心がある人だと、グラフの文化にもマッチすると思います。

──これから入社する人に一言!

データの利活用を促進することは、人類の発展には欠かせません。
一緒に人類のQOL(Quality of Life)を上げるピースになりましょう。

関連記事